熱拳 5話 星の牧場 1-1

星の牧場です。  恭二の朝は早い、目覚まし時計がなくとも五時には起きる。  墓地に行ったレポートを纏めるためでもあるし、早朝ランニングのためだ。 「よし!」  着替えた後、パンチモーションに確認をする。  夷澤に勝つならば、基礎体力の増強は必須だと考えている。  わざわざ減量までする必要はないと夷澤は自信満々だったが…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 紫電 2話 閑話

二話でしたな…。 コンテンツ紫電  今日子たちが取手を助け、遺跡から帰還した直後の事だった。 「報告いたします。《山》に侵入した者が……」  物静かな印象を受ける男子生徒が細い目を黒いコートを着た男子生徒に向けている。  薄暗い室内には三人の生徒がいる。物静かな男子生徒、黒いコートを着た男子生徒、そして丈の短いスカ…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 紫電 2話 3

珍しく仕事前に仕上がりました。まぁ、紫電はギャグ要素多めだからなのかもしれませんが…。コンテンツ紫電 ――もう時間ね……。 寮に帰った後、いつもの特訓メニューをこなしているともう22時になっていた。 誰かと話していようかと思ったが、やはり今日子は身体を動かしている方が性に合うらしい。結局、誰とも話さず、墓地に向かっていた。「およよ、もう…
コメント:0

続きを読むread more

知恵(ツヴァイさん作)

コラボ編です(ツヴァイさん作) 九龍妖魔学園紀―Fatal Flow― 「これが……」  目の前に出された料理を見ながら、レティシアは周囲を気にしていた。昼下がりのファミリーレストラン。昼食の時間は外しているため、店内に人の姿はあまりない。窓際の、日の光がこれでもかと差す優雅な席に案内されている彼女だが、落ち着…
コメント:0

続きを読むread more

ありうる話

九龍妖魔学園紀―Fatal Flow― ―在り得る話……?―  人は短命だ、医学が発展した今でも百歳程度までが限界である。だが、しかしその歴史は千も二千も越えて存在している、それは何故かだろうか?  それは、肉体が死を迎えたととしてもその志と絆は後世へと受け継がれ、それが礎となり数々の歴史を築き上げてきたか…
コメント:0

続きを読むread more

休日(コラボ編)

コラボ編の都市編直後の話です。 九龍妖魔学園紀―Fatal Flow― 休日 某日 香港高級ホテル前  香港での無事任務を終えた《宝探し屋》達は次の指令が出るまで待機休暇を貰い、任務に忙殺されていた分を取り戻すためにひと思いに休暇を楽しむことにした。 「みんな仲良くな、若者同士親睦を深めるといい。儂…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 紫電 2話 2

調子が上向いてきましたな。 コンテンツ紫電 「まいど~、イッヒッヒッヒ」 「……どうも」  境のニヤケ顔にうんざりしつつも今日子がそれでも売店に来るのは、マミーズで食事をとっている時間がないからだ。  自炊も出来ない事もないが、時間と手間が掛かる。練習時間を確保するために結局、外食になってしまうのだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

九龍 紫電 2話 1

ペースが戻ってきた感じがします…。 コンテンツ紫電  3―C教室――朝 「ふわァァァ……」  十二分に睡眠をとるということを習慣づけていた今日子だったが、昨晩の眠りは珍しく浅かった。  遺跡の入り口の発見に、屋上で今日子たちを見下ろしていた黒いコートの男など、高校時代以来の不思議な体験だけに寝付けな…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 慧眼 プロローグ 閑話

一日で書けましたな。やはり寒い方がいいんですかね…。 九龍コンテンツ  室内には独特の浮遊感があり、サラーと恭二がベッドで寝かされているのが見える。  ロゼッタ協会が誇る飛行機の機内だ。飛行機内とは思えないほど、医療設備が充実しており高度な医療行為を行えるという驚異の施設でもある。  ――おぞましい話だったようで…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 慧眼 プロローグ

独自要素満載のSSである慧眼のプロローグです…。 九龍コンテンツ セクメトの遺跡 「……まったく歯ごたえがないですわね」  古めかしいピラミッドを思わせる石造りの遺跡で、金髪の少女が呟いた。 「お嬢様、場数は踏んでいるとはいえ、油断なきよう願いします」  傍で少女――レティシア・ルイスを見守っているエプロンド…
コメント:0

続きを読むread more

コンテンツ:慧眼

女主であるレティシアが主役を務める慧眼のコンテンツです。 お願いと注意:独自設定はかなり多めでネタバレ全開のコンテンツとなっております。嫌だ、受け入れられないという方はブラウザバックをお願いします。SSの感想は受け付けますが、中傷の類は受け付けません、ご理解を。 プロローグ:プロローグ 1 閑話 1st Dis…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 熱拳 明日への追跡 閑話

主役廻りの話を強化していきたい。 コンテンツ熱拳  恭二の自室  ――また俺にやられに来てくださいよ。まァ、待ってますから。  いつものようにボクシング部で夷澤に惨敗を喫した恭二は、保健室に送られていた。  とはいえ、夷澤も悪い気はしていないようで何度もスパークリングを受けてくれていることからも分かる。…
コメント:0

続きを読むread more

九龍 熱拳 明日への追跡 6

書けた! 九龍コンテンツ 「切り刻んでくれようぞ!」  背後から采女の声と剣を振るう音が聞こえてきた。 「ッ!」  いくら気配を探れても具体的に位置がわかるわけではない、刃が掠ったようで詰襟の腕の部分が切れたようだ。  恭二は暗視モードに切り替え、自分を切りつけた采女に蹴りを見舞う。 「幸い、通路は狭いです…
コメント:0

続きを読むread more

九龍妖魔学園紀―Fatal Flow― 「水鉄砲編」 2(ツヴァイさん作)

水鉄砲編の二つ目です。 九龍妖魔学園紀―Fatal Flow―  そして戻って見れば、今日子とマリアも戻っていた。 「あれ? 姉さんも、さっそく?」  御神が帽子を被り直している今日子に声をかけると、姉は憮然とした顔をして、 「いきなりよ、いきなり。どこからともなく……」  ガキ矢野と高坂を組ましているから、狙撃…
コメント:0

続きを読むread more